[2733]  [2694]  [2730]  [2728]  [2727]  [2726]  [2725]  [2670]  [2724]  [2723]  [2712
ディスクユニオン始まって以来の貴重なメモラビリアが入荷いたしました。
ぜひ店頭でご覧ください。


*******朝10:00から整理券配布予定です******


※お電話でのお問い合わせ/通販/お取り置きは翌12/10(月)からとさせていただきます。
※すべて1点ものにつき既に販売済となっている場合がございます。
出品予定商品のリストは下記の通りです。

==========================

(商品タイトル / アーティスト / 管理番号 / 特記事項 / 状態 / 売価)

・ プログラム DIE FLEDERMAUS / JOHANN STRAUSS 2 / 1899STRAUSS / 1899年5月22日 / B / ¥60,000

1899年に、ウィーン宮廷(現:国立)歌劇場で行われた「こうもり」の公演表で、
ヨハン・シュトラウスが自ら特別に序曲を指揮している。
(オペレッタ自体は、ヨーゼフ・ヘルメスベルガーが指揮)
この公演の約2週間後に、シュトラウスは肺炎により死亡したため、
この公演での指揮が生涯最後の音楽活動となった。
国立歌劇場になる前の宮廷歌劇場の間は、公演表には歌手のみで指揮者の名前は掲載されなかったが、シュトラウスの指揮は特別なことであった為に明記されている。
またこの時代は、オペレッタは宮廷歌劇場では上演されなかったが、シュトラウスの
音楽を高く評価した総監督のマーラーの希望により特例として演奏された。






・ プログラム5TES ABONNEMENT CONCERT / GUSTAV MAHLER / 1901MAHLER / 1901年1月13日 / B / ¥40,000

グスタフ・マーラーは、ウィーン宮廷(現:国立)歌劇場の総監督は1897年から1907年の
10年強の間勤めたが、ウィーンフィルの常任指揮者としての活動は1898年から1901年初の実質3年の間のみ。
これは、フィルハーモニカーの定期演奏会の曲目として自作の演奏を要求したマーラーと反対するフィルハーモニカーとの間の対立が原因で短期間となったと言われている。
宮廷歌劇場時代の公演表には指揮者の名前は記載・記録されなかったため、ウィーン時代のマーラーの指揮活動が確実に分かるのは、ウィーンフィルの演奏会の公演表のみ。



 


・ メモラビリア / RICHARD STRAUSS / STRAUSS / 1919年10月頃(?)のシュトラウスからメンゲルベルクへの電報 / B / ¥30,000

リヒャルト・シュトラウスからヴィレム・メンゲルベルクに送られた電報のオリジナル。
日付は明確ではないが、内容と電報の番号から1919年の10月頃の電報と思われる。
シュトラウスは1919年からウィーン国立歌劇場の総監督にシャルクと共同で就任した。
前年に終戦となった第一次世界大戦での敗北により、オーストリアは困窮・混乱を極めており、新生の国立歌劇場の運営も困難な状態であった。
その状態を打開するため、シュトラウスはオランダへの国立歌劇場の大規模な「引越し公演」を計画し、旧知のオランダの名指揮者メンゲルベルクに相談する内容である。
この計画では、ソリスト・オーケストラ・スタッフ・舞台装置・衣装全てがウィーンから参加する、文字通りの「引越し公演」で、演目としても自作の「アリアドネ」や「サロメ」、「影なき女」やワーグナーの「ローエングリン」、「トリスタン」、「パルジファル」と、現代でさえ考えられないような大規模な計画であった。
しかし残念ながら財政的な問題で実現せず、国立歌劇場の記録にも残っていない。
(国立歌劇場に変わった直後の為、電報の用紙は古い宮廷歌劇場の用紙のまま)






・ プログラム GURRELIEDER / ARNOLD SCHOENBERG / 1920SCHOENBER / 1920年6月12日 / B / ¥30,000

ウィーン国立歌劇場でのアルノルト・シェーンベルク指揮による自作の「グレの歌」の公演表(ウィーン国立歌劇場の主催公演ではない)
「グレの歌」は1901年から1911年にかけて作曲され、1913年にフランツ・シュレーカーの指揮で初演された。
初演は、シェーンベルクの作品しては珍しく好評をはくして、再演も行われた。
しかし、作曲当初は後期ロマン派のスタイルだったシェーンベルクは、完成時には無調のスタイルに移行しており、自身ではこの作品を「大衆向けの作品」として評価しなかった。
その為か、確認できた自身の指揮による演奏の記録はこの時のみ。
 






*******朝10:00から整理券配布予定です******


※商品についてのお問合せ、お取置きは本日2018年12月10日(月)から承ります。
※商品はそれぞれ中古の一点ものです。売り切れの際はご了承ください。
※商品についてのお問合せは書籍担当:大村までお願い致します。(03-3295-5073)
なお書籍担当不在の際は、在庫確認等できないこともございますのでご了承ください。


★音楽書の買取は当店にお任せください★

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


当店の書籍買取の詳しいご案内はここをクリック!

当店ではどんなに大量の書籍でも、一点一点、丁寧に査定明細書をお作り致します。

電話:0120-275-074(買取専用フリーダイヤル)
TOPICS
















NEWS




















中村洋子
無伴奏チェロ組曲 第一巻
SACD-HYBRID/GDRL1001
税抜価格 3,800円+税


中村洋子
無伴奏チェロ組曲 第二巻
SACD-HYBRID/GDRL1001
税抜価格 3,800円+税




検索
店頭在庫検索

   
フォーマットで絞り込む:
 

ABOUT


LINKS




在庫検索(QRコード)
在庫検索が手軽に携帯でもできるようになりました。

Copyright © 2015 diskunion ochanomizu classic store All Rights Reserved.
Title Message / Fumihito Kasagi