[2198]  [2217]  [2214]  [2220]  [2219]  [2218]  [2216]  [2215]  [2212]  [2213]  [2205
お茶の水クラシック館が大切にしているCDレーベルとアーティスト
―こんなCDを求めています―

其の20:アレクセーエフ, モギレフスキー, スロボジャニクの録音


 ともに1940年代生まれ、アシュケナージより5~10年若い世代でそれぞれバシキロフ門下、ネイガウス & ザーク門下、ネイガウス門下の名手ですが、アレクセーエフを除き録音は意外と少ないようです。またモギレフスキーとスロボジャニクは、息子もピアニストとして活躍中です^^。この3名の録音、結構希少盤率が高いのが特徴です。

1. シューマン クライスレリアーナ & 交響的練習曲:アレクセーエフ (EMI)

2. シューマン & グリーグP協:アレクセーエフ, テミルカーノフ & RPO (EMI):CFPでも再発売されていますが、これがレギュラー盤

3. リストPソナタ他:アレクセーエフ (Melodiya系)

4. スクリャービン & ラフマニノフ作品集:アレクセーエフ (Melodiya系):ライヴ録音。ライヴだからといって無闇に爆発しないセンスの良さが印象的

       

5. ショパン24の前奏曲, 幻想ポロネーズ他:モギレフスキー (Pavane):盤歴の最後期、90年代の録音。同時期のライヴ映像を見るとかなり危なっかしい演奏をしているが、これはスタジオ録音だけあり危うさはありません

6. ムソルグスキー展覧会の絵, ラフマニノフPソナタ2番他:モギレフスキー (IMP):数年前お茶の水クラシック館で「発見」。こんな録音があったのかと驚愕した1枚

7. シューマン クライスレリアーナ, プロコフィエフPソナタ7番:モギレフスキー (Melodiya系)

8. ラヴェル夜のガスパール, プロコフィエフ束の間の幻想他:モギレフスキー (Melodiya):独特の小気味よさが発揮された名盤

9. シューマン, メンデルスゾーン, モーツァルト幻想曲集:スロボジャニク (Melodiya):いかにも旧ソ連系重戦車型爆演系の演奏

10. チャイコフスキー & ショパンP協1番:スロボジャニク, ゲルギエフ & キーロフO (LP Classics):94年ライヴ。上述した演奏に比べ、かなり洗練度が高まっている印象

   

   
TOPICS
















NEWS












中村洋子
無伴奏チェロ組曲 第一巻
SACD-HYBRID/GDRL1001
税抜価格 3,800円+税


中村洋子
無伴奏チェロ組曲 第二巻
SACD-HYBRID/GDRL1001
税抜価格 3,800円+税




検索
店頭在庫検索

   
フォーマットで絞り込む:
 

ABOUT


LINKS




在庫検索(QRコード)
在庫検索が手軽に携帯でもできるようになりました。

Copyright © 2015 diskunion ochanomizu classic store All Rights Reserved.
Title Message / Fumihito Kasagi